更具新闻影响力网站
主页 > 疾病 >

糖尿病の“常識”が変わる

发布时间:2021-07-10 15:39   来源:网络整理    作者:admin

糖尿病が改善 新たな食事法

糖尿病の“常識”が変わる

長年、苦しんだ糖尿病がある食事法でよくなった人がいます。
藪田亜矢子さん。
9年前に糖尿病と診断されました。
当時、体重は85キロ。
血糖値の指標ヘモグロビンA1cは基準を大きく超えていました。
医師からはカロリー制限食という食事療法を指示されました。
食事のカロリーを一般女性の8割ほどに抑え、さらに、食材の量や種類を細かく計算する必要があります。
始めてみると予想外に手間がかかり食事作りに数時間かかることもあったといいます。

糖尿病の“常識”が変わる

藪田亜矢子さん
「本当にグラムを量りながらつくる。
精神的に、だんだんツラくなってくる。
もう、早くこういう状況から抜けたい。」
 

結局、2か月で断念。
その後、症状は次第に悪化していきました。

糖尿病の“常識”が変わる

そして去年、目の網膜で出血。
手術で血は止まりましたが、失明の一歩手前と言われました。
危機感を抱いた藪田さんは医師と相談のうえ、ある食事法を始めました。

 

糖尿病の“常識”が変わる

「結構、肉いれるんですね。」

藪田亜矢子さん
「そうですね。
ふつう、このくらい使っています。」
 

糖質制限食。
米や小麦粉、そして砂糖など糖質の多い食べ物を減らします。
例えば麺も、小麦粉ではなく豆腐で作った特殊なものを使います。
それ以外の肉や魚、卵などは好きなだけ食べられます。

糖尿病の“常識”が変わる

糖質制限食の考え方です。
米や麺などを食べると血液中の糖質が急激に増えます。
すると、すい臓からインスリンというホルモンが出て糖質を取り込みます。
しかし糖尿病の場合インスリンが少なく、取り込みきれません。
残った糖質は周りの細胞を傷つけ、動脈硬化や失明などのリスクを高めます。

糖尿病の“常識”が変わる

そこで食事の糖質を減らすことで、血液中の急激な増加を防ぎます。
すると、少ないインスリンでも糖質が残りにくいのです。
糖質制限食を始めて3か月。
効果が現れました。
藪田さんの場合20キロのダイエットに成功。
さらに血糖値が下がり、それまで飲んでいた薬なしでも正常な値になりました。

藪田亜矢子さん
「何年もかけて、全くよくならなかった数値が、この食事方法にして、1か月くらいで全く正常値になった。
信じられない。」

糖尿病の“常識”が変わる

今、糖質制限食を治療に取り入れる医療機関が増えています。
北里研究所病院糖尿病センターの山田悟さんです。
従来のカロリー制限食が続けられなかった人の治療に、3年前から糖質制限食を取り入れています。
糖質の少ないパンを開発。
味や見た目にも気を配ることで、治療を続けやすくしました。
12人の患者で調べたところ半年間で血糖値の指標が下がっていたことが分かりました。

糖尿病の“常識”が変わる

北里研究所病院 山田悟糖尿病センター長
「現在スタンダードなカロリー制限食、医学的な意義は間違いない。
どうしても続けられない方はいます。
そういう方の治療の選択肢として、糖質制限食は意義がある。」

糖質制限食 潜むリスク

しかし、この糖質制限食。
患者が自己流で行うと危険もあります。

糖尿病の“常識”が変わる

長年、糖尿病に悩んでいたこの男性。
去年(2011年)、自己流で糖質制限を始めました。

「ごはん類とパン類を一切なくした食事です。」

糖質をほとんどとらなくなったことで、食事のカロリーは以前の3分の1にまで減りました。
2か月で血糖値の指標は大幅に改善しました。
ところがその後、体調が悪化。
足の筋力が衰え、手すりをつかまないと階段も上れなくなりました。
さらに視力にも異変が。

糖尿病の“常識”が変わる

「このへんの表示とか、文字が全然見えない。」

病院で受診したところ、血糖値を急激に下げ過ぎたせいで、さまざまな異常が起きた可能性を指摘されました。

 

「自己流でやったんで、冷静にちゃんと指導でやっていればよかった。」

糖尿病の“常識”が変わる

上一篇:电影行业保持稳定增长 年末文体影视引关注
下一篇:宜昌常见的眼底病种类有哪些?看你中招了没

分享到:
0
最新资讯
阅读排行